Step2(プロ)受講生用サイト

Step2(プロ)講座-Memsourceを使用した翻訳と課題の提出方法
現在、翻訳業界では翻訳支援ツール(CAT)を使用した翻訳作業がスタンダートとなっており、翻訳のお仕事をする上で翻訳支援ツールを使いこなせることは必須のスキルとなっています。学習段階から翻訳支援ツールを使用した翻訳作業に慣れていただくため、当センターでは、Step2(プロ)講座(課題206~220)受講の際にMemsourceを使用して課題の翻訳を行うことを推奨しています。
Memsourceはクラウド型の翻訳支援ツールで、翻訳作業の効率化などさまざまな利点があることから、翻訳業界で広く活用されています。
Memsource利用の際には、受講生ごとに当センターから専用のアカウントを発行しますので、実際に翻訳のお仕事をする際と同じ環境で翻訳作業が可能です。※Step2講座の受講生でMemsourceの利用を希望する方は当センター宛にメールにてご連絡ください。
以下はStep2講座の翻訳課題をMemsourceで翻訳する手順を解説した案内動画です。Step2講座の受講生は、配布資料とあわせて参考にご覧ください。
よくある質問
Memsourceとは何ですか?
Memsourceとはクラウド型の翻訳支援ツールで、翻訳作業をより効率的に行うために使用するソフトです。翻訳支援ツール(Computer Assisted Translation)は、その頭文字をとって、略してよくCATツールやCATと呼ばれます。MemsourceもCATの1つです。Memsourceの基本的な機能として、翻訳メモリ・用語集の活用、機械翻訳エンジンとの連携、QAチェック、翻訳管理システムといったものがあります。
2つの文章(セグメント)を1文にまとめて翻訳する際はどうしたらよいですか?
原文A、Bを訳文Cにまとめて翻訳する場合は、原文Aの訳文欄にCを入力し、原文Bの訳文欄にはスペースを1つ入れて訳文を確定してください。翻訳完了後に、ダウンロードした訳文からスペースを削除してください。 原文AとBのセグメントを結合して翻訳を行うことも可能ですが、実際の案件では上記の対応が基本となっています。
主なQAチェック項目について教えてください。
課題を翻訳する際によくあるQAチェック項目は以下になります。 ・未確定セグメント(Not confirmed segment):セグメントが確定されていない。→セグメントを確定します。 ・原文が不一致(Inconsistent source):異なる原文に対して、同一の訳文が他のセグメントに存在する。→内容を確認し、必要であれば修正し、修正が不要であればignoreします。 ・訳文が不一致(Inconsistent target):同一の原文に対して、異なる訳文が他のセグメントに存在する。→内容を確認し、必要であれば修正し、修正が不要であればignoreします。 ・数字の不一致(Missing number):原文と訳文で数字が異なる。→内容を確認し、必要であれば修正し、修正が不要であればignoreします。 ・先頭と末尾のスペース(Leading and trailing spaces):訳文の先頭または末尾にスペースが挿入されている。→スペースを削除して確定します。
(参考)無料版Memsourceを使用した翻訳と課題の提出方法(2022年6月末終了予定)
Memsourceの無料版パーソナル・エディションの終了(2022年6月末予定)に伴い、今後は受講生個々に専用のアカウントを発行しMemsourceをご利用いただくかたちになります。切り替えをご希望の方は、当センターまでメールにてご連絡ください。参考までに、無料版パーソナル・エディションを使用した翻訳の手順動画を下記に掲載しております。
(参考)よくある質問
課題ファイルをインポートすることができないのですが。
無料版Memsourceでは、最大でインポートできるファイル数(ジョブ)が2ファイルまでとなっております。そのため、完了したジョブは適宜削除してください。
インポートした課題ファイルのセグメントが分割されません。
プロジェクトの言語方向を確認してみてください。和訳(英→日)のプロジェクトに日本語の課題ファイルをインポートするなど、言語方向の異なるプロジェクトにインポートしていませんか?和訳(英→日)のプロジェクトには英語の課題ファイルを、英訳(日→英)のプロジェクトには日本語の課題ファイルをインポートしてください。

資料請求・お問い合わせ・お申し込み

0120-441-172
受付時間 平日9:30~18:00

関連サイト