『「共に生きる」をデザインする グローバル教育 教材と活用ハンドブック』

グローバル時代における地球市民育成のための教育手法解説・紹介と、教材を一冊にまとめた教科横断型テキスト。グローバル教育の内容は、知識学習というよりも、むしろ態度・行動学習である。学習者の主体的学びを促進する「参加型学習」による授業例、教材、資料によって構成されている本書は、誰にでもすぐに活用できる教育関係者必携の書。

  NPO法人全国国際教育協会
  B5判/フルカラー 96頁
  CD-R一枚(プリント配布資料49枚/動画4本)
  価格:1900円(本体)
  発売日:2012年4月9日
  発行:株式会社メディア総合研究所


サンプルを見る

内容

第一部  参加型学習の考え方と手法
1.地球社会の課題と参加型学習 解説/16手法紹介
    (拓殖大学国際学部 赤石和則)
2.グローバル社会を考えるコンテストの活用
    (都立新宿山吹高等学校 斉藤宏)
3.JICA グローバル教育コンクール
4.JICE ニッポン人からアジア人へと成長 -JENESYSプログラム

第二部  授業実践例と教材
1.異文化との出会い -異文化から考えるアイデンティティ
    (都立山吹高等学校 高田幸治)
2.文化の変容 -ことばと食から見る文化の変化
    (玉川聖学院 幸田雅夫)
3.知ろう、知らせよう日本の不思議・魅力 -日本の文化
    (千葉県立松戸国際高等学校 諸岡英明)
4.豊かさの基準-地球規模で考える在り方生き方
    (玉川聖学院 幸田雅夫)
5.世界的な問題 と 私 -カードを使って世界の問題と解決策を考える
    (NGO RASICA  菊地格夫)
6.食料自給率の背景と世界の関係 
   -ヨルダンの砂漠や死海の海水が日本の作物を育てている
    (都立新宿山吹高等学校 斉藤宏)
7.世界の海洋環境 -サンゴのモリタリングから考える
    (都立新宿山吹高等学校 斉藤宏)
8.世界との共生 -がんばろう日本 世界は日本と共にある
    (都立新宿山吹高等学校 斉藤宏)
9.支援者と被支援者の生活 -日本のコンビニ 被支援者の子ども
    (民際センター 冨田直樹)
10.世界の教育の現状と私たちにできること  -世界一大きな授業
    (教育協力NGOネットワーク JNNE 城谷尚子)

ご購入はこちら
page top

『共に生きる・・グローバル』

CSRミャンマー(株)メディア総研の翻訳学校では、受講料の1%を募金して世界の子どもたちにワクチンを届けています。

CSRブータン

CSRラオス

診断テスト(株)メディア総研の翻訳学校

英文法大全(株)メディア総研が提供するハイレベルな英文法解説サイト

Pマークメディア総合研究所は個人情報の取扱いを適切に行う企業としてプライバシーマークの使用を認められた認定事業者です。