サービス内容

ITコンサルティング

企業の情報システム投資に対する最適な経営判断を支援

ITシステムの導入には、ハードウェア・ソフトウェアの選定を含む高度に戦略的な経営判断が必要であり、多額の費用支出を伴います。
適切なIT投資がなければ企業の成功も危ぶまれることを殆どの経営者が認識していますが、一方では費用対効果がはっきりしなかったり、社内の人的資源への懸念などから決断を逡巡してしまうケースもよく見受けられます。また、手をこまねいて意思決定を先延ばしすれば、競合他社に遅れを取ることも心配をしなければなりません。
メディア総研IT事業部のITコンサルティングでは、お客様企業の抱える問題点、将来への課題、ビジョンなどお客様の切実な問題意識を共有しながら、高度なシステム技術と深い経験からお客様企業に最適なシステムソリューションをご提案しています。


ERP統合ソリューションから業種・業務別システムソリューションまで

メディア総研IT事業部では、企業に関わるすべての情報を一元管理しリアルタイム経営を可能にするERPソリューションから、業種別・業務別システムソリューションまで、また既存システムとのインテグレーションなど企業のIT化についてあらゆるご相談に対応しております。
お客様のビジネスの本質、業務プロセスやその問題点、あるべき姿などをお客様と一緒に考え、議論しながら、費用対効果、導入・運用の容易性、業務への適合性など様々な観点からお客様企業にとって最適なITシステム構築・導入のお手伝いをさせていただきます。


◆RFP(提案依頼書)作成・ベンダー選定支援サービス
◆安全在庫シミュレーションサービス(流通・小売業向け)

◆RFP(提案依頼書)作成・ベンダー選定支援サービス

最適なシステムソリューションを構築することは、お客様にとって最良のパートナーとなるベンダーを選定することです。企業の抱える問題点、将来への課題、ビジョンなどお客様の問題意識を共有しながら、最適なシステムソリューション選定を支援いたします。
(1)経営者インタビュー/業務ヒアリング
経営者がシステムを経営戦略・情報戦略上どのように捉えているか、またシステム導入について想定している目的、目標とその意義を伺い、導入プロジェクトの方向性を確認。また、各担当者に業務及びシステムの現状をヒアリング。発生している問題点の洗い出しを行う。
(3)ERPパッケージ及びベンダーの選定
各ベンダーの提案内容を検討し、要件とのギャップの少ないパッケージを選定。
(4)業務プロセス一覧(業務要件定義)作成
業務手順を整理し、問題点とその解決策を想定。
(5)グランドデザイン作成
ヒアリング内容をもとに整理・文書化し、中長期における目的及び実現方法の明確化。
(6)レビュー
担当者と経営者に対してグランドデザインを提示し、目的・目標を共有化。

◆安全在庫シミュレーションサービス(流通・小売業向け)

「サービス率*1をどの程度に設定し、安全在庫*2をどれだけ必要とするか?」
安全在庫シミュレーションサービスは、過去の出荷(受注)データをもとに、安全在庫をどれだけ必要とするかを統計的に算出し、適正な在庫確保と店舗の営業成績拡大に貢献いたします。
*1 サービス率
欠品を防止する指標となる数値。サービス率が100%の場合は欠品が0となります。
*2 安全在庫
調達期間内で欠品を防ぐため、調達期間内での出荷量を予測し、ある程度余裕を持った在庫を確保する必要があります。その余裕の分を安全在庫と呼びます。

PageTop