支援事例

#03【外資系工具メーカー C社様】 PSIツール導入事例

■本社:横浜、自社倉庫:お台場
■取扱アイテム数:約1000品目(本体及びアクセサリー)
■主な取引先:国内の大手ホームセンター
■主な調達先:欧米の自社工場及び国内の仕入先
■業務課題:お客様への納期を守るべく在庫を抱えているが、過剰気味となっている。

◆支援内容

①月次フォーキャストを元に週次発注量を算出するPSIツールを導入した。
②PSIツールによる発注データをSAP-MMと連携することで発注業務の効率化を推進した。
③過去の受注実績を元に最適な安全在庫を算出するサービスを提供した。

大手ERPベンダーの提供するSCMパッケージでは数億かかる仕組みをExcelを活用することで100万円を切る価格で提供することが出来ました。

効果

1年の運用を経て、今までの納期遵守率を変えることなく、在庫保有日数を1ヵ月短縮した。
従来は発注担当者が2日かけて発注量を決めていたのをツールを導入することで、1日に短縮した。

PageTop