支援事例

#01【アパレル業:A社様】リアルタイムな粗利の把握と在庫管理を実現

■導入システム: SAP Business One
■事業概要: 婦人服製造・輸入及び卸売
■事業メンバー: 30名
■年商: 2億7,000万円
■導入の背景:
・手作業での在庫管理業務の限界
・商品別粗利の迅速な把握が必須
・複数拠点での販売管理の必要性

◆システム導入イメージ

◆導入成功のポイント

・アパレル業界に精通したコンサルタントによる、業務とシステムのバランスのとれたアドバイス
・経営者のプロジェクト推進力とスタッフ一丸となったプロジェクト体制
・システムの標準機能を最大限に活用し、短期間で導入

◆導入効果

1)粗利が迅速かつ正確に把握できるようになった。

2)今まで手作業で行っていた「得意先別の取置在庫管理」がシステムで行なえるようになり、工数が大幅に減少した。

3)売上・仕入高や在庫金額など、自社の経理状況がリアルタイムで把握できるようになった。

4)実績データを様々なかたちで収集・加工できるので、分析や業績管理、また次のシーズンの商品企画・販売戦略策定への活用が可能になった。

5)業務が効率化・スピードアップしたため、事業の拡張で事務作業量が 増加しても、従業員を補充することなく業務が遂行できている。
PageTop